風水占い

占い情報局

風水占い

風水という言葉をよく耳にしますが、実際どのようなものなのか気になったことはありませんか?
風水はもともと自然界の流れを知り、悪い気を避けて良い気を探すことを目的とする、中国で生まれた環境開運学で、家相や方位、地形、地質、気功などたくさんの種類があります。風水発祥の地、中国では風水は人々の生活の一部として考えられ、国の歴史にも多大な影響を与えてきました。
例えば、三国志で有名な諸葛孔明は、自ら戦術書としてまとめた「風水奇明遁甲方」(運気を自らの方向に導き敵の運勢を奪い、あらゆる環境を味方に付ける強運学)を起源二百八年の「赤壁の戦い」で駆使し、勝利を収めたという話も残っています。

陰陽のバランスが大切

風水は中国の「陰陽五行説」という思想が基になっています。「陰陽」というのは、存在するものすべてが陰と陽に分けられるという考え方で、陰がなくては陽も成り立たないという相対的な関係を風水では重要と考え、陰陽のバランスを大切にします。「五行」というのは、森羅万象は「木(もく)」「火(か)」「土(ど)」「金(ごん)」「水(すい)」の五つの要素から成り立っているという考え方です。五行にはお互いを生かしあって運を上げる良い組み合わせと、対立しあって運を下げる悪い組み合わせがあります。たとえば木を育てる水、土の中から生まれる金は良い相性。逆に正反対の火と水、金を燃やす火などは悪い相性といいます。
古来より中国にこんな言葉があります。「一命、二運、三風水、四積陰徳、五読書」
これは、風水を信じている人々による生きていくための考え方です。
人生を左右する一番の要素は、生を受けたときです。そして次に重要なのが運命(運勢)です。そしてその次にくるのが、この「風水学」ということです。ちなみに、四番目の積陰徳とは「隠れて良いことをする」ということです。いわゆる一日一善ってやつですね。そして最後に来るのが読書(勉強)ということです。 いかに中国の方が風水を大事しているかが解る教えですね。

方角 ラッキーアイテム 方角 ラッキーアイテム
1 宝石・貴金属・通帳・印鑑・食器棚 5 鏡・ヘルスメーター・観葉植物・ 思い出の品
2 本棚・サイドボード・机・グラス・カップ 6 タンス・チェスト・スプーン・フォーク
3 テレビ・電話・時計・パソコン 7 化粧品・財布・カード・パイプ製やステンレス製の家具
4 香水・靴・スーツケース・エアコン 8 お守り・家族の写真・ドレッサー・机・椅子

給料をアップしたい!

給料アップを実現するには、やはりそれなりの実績をあげることが必要ですね。

 

そのうえで、気の流れを東サイドから呼び込み、西方位に導きます。というのは、東は出世運を、東南は評価や評判を司る方位なので、まずこの二つの方位パワーで仕事の成果をきちんと評価してもらうわけです。そして仕事の結果をお金に換えるため、金運を司る西の兌宮に運気を導きます。
具体的には、どの方位に関してもまず綺麗に掃除して、塩で清めることが基本となります。東と東南はグリーンと相性がよいので、緑色のグッズや観葉植物を置くのがいいでしょう。自宅はもちろん、会社のデスク上でも東方位にごちゃごちゃ資料を積み上げたりせず、ちょっとした植物を飾ってみたり、ラッキーグッズを置くと、不思議と運が開けていくものです。電話やパソコンはできるだけ東サイドに置くいいです。
次に風水グッズの力をかりましょう。
まず東に、アズライト、ラピスラズリ、ターコイズなど青系の石を置いて、アロマやお香を炊き、運気を呼び寄せます。次にその運気を西に導いてお金に換えるので、西方位にキャンドルを灯し、ルチルやシトリン、万能の力を持つクリスタルクォーツなどをおきます。
ちなみに、西方位に大きな窓や出入り口があると、せっかくやってきた気の流れがそのまま出ていってしまいますので、夕方~夜にかけてはカーテンなどできっちり覆うようにしてください。
こうすれば、金運がどんどん流れ込んできて、次第に給料明細に結果が現れてくるでしょう。

注目サイト

宅配買取

保育士の派遣なら大阪で募集

最終更新日:2017/9/1